賃貸探しが初めての人必見! 効率の良い賃貸の探し方!

仕事で事務所が必要になるということで 人生で初めての賃貸を探してきました。

色々あって 車の駐車場含め 結局 丸2週間ほどかかりました…時間かかりすぎぃ!!

 

そこで   初めて賃貸を探す という人に向けて
 
効率のよい賃貸の探し方を  書いていきます。
 
 

早い段階で一度目の内見を済ませる!

 
賃貸選び が 初めての方は
 
最低限の条件を決めて良さげな物件を3~4件みつけたら
 
まず 内見 に行ってみてください。
 
 
 
なぜかというと
 
初めて物件探しをされる方にとって
自分の理想や希望を明確にすることは難しく
 
「何がわからないのか わからない状態」
 
になることほとんどだと思います。
 
 
 
また
 
 
 
実際にその土地を訪れたり物件の中にはいると

 
間取り図 や 写真 だけではわからない
 
雰囲気フィーリング など

 
 
部屋の広さ や 駅の近さ 清潔感 以上に
 
重視したい点や要素がたくさんでてきます。
 
 
 
ですから 賃貸選びがはじめての方は
早い段階で一度目の内見をすませるのは必須であると言えます!
 
 

代理店 は 内見のためだけ に 行く

代理店さん に 物件を “探してもらうこと” は あまり推奨しません。

 

なぜなら

ひとつの代理店さんが紹介できる物件は少ないからです。
 
 
 
なぜか?

  • 紹介できるのはその店舗から車で内見できる距離の物件に限られる。
    (遠方の物件も引継ぎにより紹介は可能だが自分の業績にならないため避けられがち)

  • お客さん1人の物件を探すのに時間をかけることはできない。
    (繁忙期の1~3月は特に一人のお客さんに多くの時間を割くことはできません。)

 
 
よって 代理店さんに賃貸を検索してもらうということは
必然的に少ない候補のなかから 絞り込んでいくことになりがちです。
 
 

スマホ と パソコンで物件は調べられる。

賃貸さがし の流れを簡単にまとめると
 

探す見に行く (内見) 契約する   ← これだけです!

3つのなかで 重要なのは 探すこと!!

 「こいつ なにあたりまえ のこと 言ってるんだ… 。」と思うかもしれませんが

  • 店員さんが お店で 探す
  • 自分が PCやスマホで 探す

今や ↑ の 二つに 違いは ほぼ無いといって 良いでしょう。(ほんとに!)

 
 
 
アットホーム でも スーモ でも ホームズ でも なんでも良い ですが
 
ネットで賃貸を検索して気になる物件をピックアップしてください。
 
(ブックマーク や ホームに追加などして比べて見れるようにしましょう。)
 
 

物件の 希望 or 条件 は わがままに決めること!

 

スマホやパソコンで条件を指定して
物件 を 絞り込んでいきましょう。

  • 6帖以上
  • 最寄駅からの時間
  • ロフト付
  • 賃料は4万
  • バストイレ別     etc..

など さまざまな 条件 or 希望 があると思いますが

 

条件を わがままに(厳しめに)絞り込んでください!
検索結果は 10件 以下 推奨

 

なぜなら

物件が多いと
どれも似たような条件でそれぞれに優劣がつけられず

選べなくなってしまうからです。なので

代理店は 内見したい賃貸が ある程度 絞れたら行きましょう。
 
 
 

パソコンやスマホである程度 調べ上げる!

賃貸選びは人生で最大の出費といわれることもあり
慎重になるし 不安になります。

 

物件探しの スマホ や パソコンで探す の段階で ある程度調べ上げておかないと

「ほかによい物件があるのではないか?」

という考えが 頻繁に頭をよぎります。

 
 
そうなると
 
良い物件に対して正しい評価ができない。or ライバルに取られてしまう
 
ことに なりかねないです。
 
 
 
そのため 物件探しは 探す の段階で
自分が選べるであろう 選択肢を完壁に調べ上げることが大切だと思います。
 

 いよいよ 内見 !

パソコンやスマホで調べ上げたあとは内見です!
不動産会社さん や 代理店さんに電話で内見の予約を申し込みましょう!
 
 
 
 
↑ にも書きましたが
パソコンやスマホの 情報や写真は “参考” にしかなりません。
 
 

おなじ6帖でも

天井の高さ 窓の位置 日の入り方 間取り

 
などで 部屋の印象は全く異なります。

 
 
「フローリング」 と ひとくち に言っても
  • しなびたフローリング
  • 湿気があるフローリング
  • ワックス塗り塗りのフローリング
  • 粉っぽいフローリング

など 好みが非常に出てくるところだと思います。

 
また「ロフト付き」といっても
  • 布団を敷いて寝れるロフト
  • 荷物置きにしか使えないロフト
  • 広いけどここで寝るのはちょっと…のロフト
    (天井が低すぎたり どこか清潔感がない)

など様々な種類のロフトがあります。
 
 
 
複数内見をすれば 自分の細かい好み やフィーリングで
それぞれの物件に優劣をつけ 候補を数件に絞ることができます。

ですので可能であればできるだけ多くの物件を内見することです。

 
 
 
※ 物件絞込み件数の目安
一日中 担当の方を拘束して車で町を廻ってもらっても
内見できるのはせいぜい最大20件ほどだと思われます。
( ↑ 物件間 の 移動が5~10分程度の回りやすい場合 のめやす)
 
ですので絞込みの件数は
10件~15件以下に抑えることがひとつの目安といえるでしょう。
 

初期費用の見積もりは内見の前の段階でだしてもらうこと

大家さんの方針や代理店によって
初期費用が数万~10万違うのは当たり前です。
 
候補の物件が 大体10件以内に絞られてきたら
初期費用の見積もりを出してもらうことをおすすめします。
 
 

 まとめ

ひとことでまとめると
 
「パソコンやスマホで 調べ上げて “から” たくさん内見 をする!!」
 
ということに尽きます。

 
ポイントは
 
・物件は ネットで すべて調べられる 
 
・結局は 内見しないと その物件の評価はできない
 
です。

 
 
 
今はネットの時代ですので

物件選びの選択肢は
検索して出てくる物件しかないです。
( 店員さんの「ちょうどキャンセルが出てー」を除く )

 
よって
条件をわがままに厳しく絞り込んだら
後はたくさん内見をしていくことしかないです!

 
 
店員さんに

「この人 まだ決まらないのかよ….。」
思われることも 多々あると思いますが

「物件選びに妥協したくないという意思を表明して
判断を早くテンポよく物件を回れば 店員さんも

「しょうがないなぁ」と快く対応してくれると思います。

 
ここまで読んでいただきありがとうございました! (^^)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です